ルボックスのような抗うつ剤などを使用してこれまでとは違ったうつ病へのアプローチ

うつ病で悩んでいたり、身近な存在がうつ病で悩まされているという人にとって何か助けとなるような情報を発信できるようにしていきたいです。ルボックスのような抗うつ剤の情報など。

ルボックスの情報

うつの治療に使用されるルボックスのような抗うつ剤の副作用の口渇、便秘について

投稿日:

抗うつ剤の副作用は色々とありますが、口渇や便秘、下痢の症状は一般的に良く起きると言われている副作用です。副作用は服用開始後が一番強く、2週間程度強く現れるかもしれませんがその後は、だんだん減ってくるという特徴があります。

■抗うつ剤の効果発現前に
副作用というと効果と同時に現れるのではないかと思っている人も多いかも知れないのですが、実際は抗うつ剤は効果が発現する前に起きることが一般的です。ですから飲み始めてすぐから副作用が出て、そして副作用がだんだん落ち着いてきた2週間後くらいに、抗うつ剤の効果は出てくるのです。

ある程度最初は、効果もなければ副作用だけがあるような状態ですので、辛いかもしれませんが、我慢していかなければいけないかもしれません。

■口渇について
なぜ口渇の症状が起きるのでしょうか。そのメカニズムは、抗コリン作用が働くからです。これは自律神経が優位になることを意味にしているのですが、それによって副作用が発現するのです。口渇は唾液の分泌が減りますので、水を飲む、ガムなどを噛むと唾液の分泌も活発になるためにしのぐことができるでしょう。

■便秘や下痢
便秘、下痢も抗コリン作用によって起きると言われている副作用です。腸の動きが抑制されることが原因で、便秘、下痢の症状につながります。便秘の場合においては繊維を多く含んでいるもので対処する等していきますがそれでも出ない場合には館長を使ったり下剤を使用して便秘を解消していく必要があります。

下痢の人は、整腸剤が使用されて朝の環境を整えて対処していきます。抗うつ剤の副作用である、抗コリン作用の働きにより、口渇、便秘、下痢の症状は現れます。対処法はありますので、安心して大丈夫でしょう。

-ルボックスの情報

執筆者:

関連記事

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用の体重増加について

抗うつ剤を服用し始めてから体重が増えたという人がいます。抗うつ剤の副作用には体重増加があるのです。抗うつ剤の中でもどれでも体重増加の副作用があるわけではないのですが、副作用が見られることもありますので …

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用のふらつきについて

抗うつ剤の副作用としてふらつきがあります。ふらつきは眠気の副作用がある薬によく見られるのですが、単純に眠気が起きるだけでなく、眠気と共に筋弛緩作用が働くことによってふらつくことが多いことが特徴です。 …

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用の手の震えと頭痛について

抗うつ剤の副作用は色々とありますが、手の震えが出るという人もいます。これは抗うつ剤の種類によっても違いがあります。従来使われていた古いタイプの抗うつ剤によくあることなのですが、副作用の一つに手の震え、 …