ルボックスのような抗うつ剤などを使用してこれまでとは違ったうつ病へのアプローチ

うつ病で悩んでいたり、身近な存在がうつ病で悩まされているという人にとって何か助けとなるような情報を発信できるようにしていきたいです。ルボックスのような抗うつ剤の情報など。

ルボックスの情報

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用のふらつきについて

投稿日:

抗うつ剤の副作用としてふらつきがあります。ふらつきは眠気の副作用がある薬によく見られるのですが、単純に眠気が起きるだけでなく、眠気と共に筋弛緩作用が働くことによってふらつくことが多いことが特徴です。

■眠気ふらつきの副作用
これは筋弛緩作用が薬にあるために引き起こされるものですが、眠気から引き起こされるふらつきは薬を飲み続けていると、だんだん慣れてきます。最初は辛いかもしれませんが、だんだんなれますので、日常生活に支障が出ることはほとんどなくなりますので、最初のうちだけ注意が必要です。単純なふらつきではないふらつきもあるので気をつけましょう。

■単純なふらつき以外のふらつき
例えば単純なふらつき以外のふらつきとしては運動失調があります。また呂律が回らなくなる、筋緊張性が高まり頭痛を引き起こすこともありますし肩こりや腰痛を引き起こすこともあるでしょう。筋弛緩作用があるので改善することもありますので、薬の体への影響はとても大きく、その時々の変化に対応出来るように安全性には気をつけましょう。

もしそれでも眠気が強く日常生活にも支障が出るほどの眠気を感じるようでしたらそのときは、医師に相談したほうがいいでしょう。

■眠気まではいかないけれど
人によって副作用の出方は違っています。眠気というところまではいかなくても、ぼんやりした感じがある、注意が散漫になる、普段以上に注意力が低下することもあります。車の運転や危険な場所での作業は控えなければいけません。ふらつきによる転倒で二次的な怪我を引き起こさないようにすることも大切なことです。

副作用でよくあることとして抗うつ剤によるふらつきがあります。ふらつきによって転倒する恐れもありますので十分な注意が必要です。

-ルボックスの情報

執筆者:

関連記事

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用の手の震えと頭痛について

抗うつ剤の副作用は色々とありますが、手の震えが出るという人もいます。これは抗うつ剤の種類によっても違いがあります。従来使われていた古いタイプの抗うつ剤によくあることなのですが、副作用の一つに手の震え、 …

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用の体重増加について

抗うつ剤を服用し始めてから体重が増えたという人がいます。抗うつ剤の副作用には体重増加があるのです。抗うつ剤の中でもどれでも体重増加の副作用があるわけではないのですが、副作用が見られることもありますので …

うつの治療に使用されるルボックスのような抗うつ剤の副作用の口渇、便秘について

抗うつ剤の副作用は色々とありますが、口渇や便秘、下痢の症状は一般的に良く起きると言われている副作用です。副作用は服用開始後が一番強く、2週間程度強く現れるかもしれませんがその後は、だんだん減ってくると …