ルボックスのような抗うつ剤などを使用してこれまでとは違ったうつ病へのアプローチ

うつ病で悩んでいたり、身近な存在がうつ病で悩まされているという人にとって何か助けとなるような情報を発信できるようにしていきたいです。ルボックスのような抗うつ剤の情報など。

ルボックスの情報

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用の手の震えと頭痛について

投稿日:

抗うつ剤の副作用は色々とありますが、手の震えが出るという人もいます。これは抗うつ剤の種類によっても違いがあります。従来使われていた古いタイプの抗うつ剤によくあることなのですが、副作用の一つに手の震え、筋肉の緊張が出てくることがあります。

よだれが出ることもあります。こうした副作用は実はある病気の症状ともにているのですが、その病気はパーキンソン病です。パーキンソン病も錐体外路症状と言われる症状がメインで出ることが特徴です。

■頭痛や吐き気
抗うつ剤の副作用は人によって感じ方も違いますので、必ずしも、出るとは限らない副作用ではありますが、例えば頭痛、吐き気が出ることもあります。こうした副作用は服用しているとだんだん慣れてくるので最初のうちは辛いかもしれません。しかし飲み続けているとだんだん慣れてくるかもしれませんので、しばらくは様子を見てみましょう。

症状が場合によっては軽くなっていくこともよくあることです。ですから日常生活に困らないで我慢できるくらいのものならちょっと我慢して飲み続けましょう。2週間程度で症状も和らいできますし、症状が和らいで来るとその後は抗うつ剤の効果も現れてきますのでしっかりと抗うつ剤の効果が現れるまではしばらく飲み続けるようにしましょう。

日常生活西庄が出るほど辛いのであれば、服用をやめるのではなくて、一度医師に相談してみましょう。服用を自己判断でやめると、うつの症状が悪化するだけでなく、他に症状が現れてしまうこともあるからです。副作用として手の震え等のパーキンソン症状が出てきたり、頭痛や吐き気で悩んでいる人もいますが、2週間程度のことなので、しばらく様子を見てみると良いでしょう。

-ルボックスの情報

執筆者:

関連記事

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用の体重増加について

抗うつ剤を服用し始めてから体重が増えたという人がいます。抗うつ剤の副作用には体重増加があるのです。抗うつ剤の中でもどれでも体重増加の副作用があるわけではないのですが、副作用が見られることもありますので …

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤の副作用のふらつきについて

抗うつ剤の副作用としてふらつきがあります。ふらつきは眠気の副作用がある薬によく見られるのですが、単純に眠気が起きるだけでなく、眠気と共に筋弛緩作用が働くことによってふらつくことが多いことが特徴です。 …

うつの治療に使用されるルボックスのような抗うつ剤の副作用の口渇、便秘について

抗うつ剤の副作用は色々とありますが、口渇や便秘、下痢の症状は一般的に良く起きると言われている副作用です。副作用は服用開始後が一番強く、2週間程度強く現れるかもしれませんがその後は、だんだん減ってくると …